ロスカットの基準 ⑤

こんばんは、つかさです。

 

やっとカビゴン手にいれました!!

 

何処探してもおらんかったのに、

家の近所で発見しました。

 

20160817-カビゴン

 

 

しかし、このカビゴン弱い。

 

野生で捕まえたので、

強化しようにも、アメがない(>_<)

 

10㎞の卵自体、全然出ないし・・・

 

孵化器に課金したろかな・・・

 

 

最近はポケモンばっかりしてたので

トレードが疎かになりがち(^^;)

 

 

Great Trader ではなく

Great Trainer やなって

トレード仲間達からディスられてます(-∀ー#)

 

 

でもさすがにポケモンやりすぎて

そろそろ飽きてきましたw

 

まぁ、まだまだ止めはしませんけど、

あとは、コツコツゆっくりとやるとします。

 

平日は真面目にトレードして、

週末だけポケモンしようかな(`・ω・´)

 

 


                      

リクエストが多いので、時々過去動画の再放送をしていきます。



今日の再放送は 
【20150117】相場の判断【FX】


20160726-再放送ボタン 

公開期間は本日を含め3日間です。


公開期間終了

                      

 

 

 

それではFX

 

ロスカットの基準について、

一応今日でラストのつもり。

 

 

前回までの復習として・・・

 

20160817-買い帯下抜け

 

こんな感じで買い帯を下抜けたとしても、

 

 

 

20160817-作り直し

 

 

形を作り直して、再上昇する可能性もあるので、

必ずしもすぐにロスカットする必要はないです。

 

ホイミでいったん逃げてもいいし。

(僕はホイミは期待せず即切りする事が多いけど。)

 

 

と、ここまでが復習。

 

 

 

 

じゃー、

 

20160817-押し安値割れ

 

 

こうなったらどうします??

 

押し安値も割れてしまった時。

 

 

 

 

この後の展開ですが、

 

結果として、

 

20160817-結果下振り

 

 

こんな感じでそれが下振りとなり、

再上昇する事も度々ありますが、

それはあくまで結果であって、

そうならない可能性も想定しておかなければなりません。

 

 

 

もう一つのシナリオとしては、

 

20160817-下降トレンド

 

下落が継続し、

下降トレンドが発生するというシナリオも

用意しておかなければなりません。

 

 

下振りになれと期待して、ロスカットをしないまま、

こうなってしまうと大事故の始まりです(>_<)

 

切るに切れずにナンピンでもしますかw

 

 

そりゃナンピンしていけば、

最終的にはプラスで終われるかもしれません。

 

背景をしっかり見れてさえいれば、

最終的には上昇する可能性が高いですから。

 

 

20160817-波のサイズ

 

例えば黒(緑)の波を、5分足とするならば、

押し安値割れたところで、

オレンジの1時間足の波では上目線のまま。

 

5分の波はいったん崩れたけど、

1時間の波がサポートして、再上昇。

 

十分ありえる話です。

 

だから、ナンピンすればいいのかというと、

それはお勧めできません(>_<)

 

 

なぜなら、

もし1時間の波も崩れたらどうするの?

って事を考えておかなければならないからです。

 

それこそ大事故です。

 

次は4時間の波が崩れるまで耐えますか?

 

4時間レベルで上がるかもしらんし・・・

 

その次は日足・・・

 

そんな事を言い出したらキリがありませんよね~(>_<)

 

 

 

そんなリスクを冒すよりも、

 

自分がエントリーした波がいったん崩れたのであれば、

いったん潔くロスカットして、

 

もし、それが結果下振りになったのであれば、

チャート形成を待ち入り直すのが賢いと僕は思います。

 

 

20160817-入り直し

 

 

その下振りを利用して、新たな買い帯が引けるので、

その買い帯を使ってエントリーし直した方がリスクは

うんと少なくてすみますしね(*´∀`*)

 

 

ちなみに、上の図に買い帯が2ありますが、

これらは性質の異なる買い帯です。

 

このブログの読者さんであれば、

これらの違いは解りますよね??

 

これが、前回のブログでもチラっと書いた、

目線を切り替える帯と、ただ単に押し目を拾う帯です。

 

 

 

チャンスは少なくなりますが、

本来であれば、

こういうエントリーだけを狙っていけば、

勝率も高くなりますし、成績も安定します。

 

 

しっかり待って、こういうところは

積極的に攻めていきたいですね。

 

 

 

 

※ シリーズ最後なのでまとめます。

 

エントリーする前に、自分が、

どの波に対してエントリーして、

どの波が崩れたらロスカットするのか

明確に決めておく必要があります。

 

 

ロングエントリーするという事は、

上がると思うからエントリーするわけで、

 

じゃーなぜ上がると思ったのか?

 

そこが押し目候補だから?

 

ま、最初はそれだけでもいいんですけど、

中級者以上は是非トリガーを使いこなして欲しいです。

 

「さー、次、上がりますよ~」

 

ってチャートが親切に教えてくれます。

 

だからそのトリガーに対してエントリーしていくわけですね。

 

 

という事は・・・

 

トリガーに従いエントリーしたにも関わらず、それが騙しの動きとなり、

 

「やっぱり今の嘘~。 上がるのやめとくわ~」

 

ってチャートが言うたのなら、

 

その基準に従い潔くロスカットした方が、

 

ドカンと負ける事は無くなる思いますよ~!!

 

 

 

横横の動きにやられて、損切り貧乏にならないよう、

 

ある程度のロスカット幅の遊びは必要ですけどね(´・ω・`)

 

 

 

それでは ノシ

関連記事





■GT5内で一番人気!■


帯シリーズ3冊の中からお好きなレポート・動画タイアップキャンペーン
        +
口座開設キャッシュバックキャンペーン実施中!

DMM FX

~関連記事はこちら~




■現在お勧めのFX業者さん■

エントリータイミングを強化するためのやつα
~激熱パターンを知れ!~   タイアップ中!!


セントラル短資FXさん

限定キャッシュバック5,000円!
セントラル短資FXタイアップ2

~関連記事はこちら①~

~関連記事はこちら②~




■オリジナルレポート■


「オリジナルレポート」
をまだ入手されていない方は
是非この機会に手に入れてみて下さいね^^

・オリジナルレポート入手はこちら



「今日の記事は良かったよ!」という方は、
下のバナーをクリックいただけると嬉しいです!


人気ブログランキングへ

「これからもGT5を応援してあげる!」という方は、
こちらのバナーもクリックいただけると嬉しいです!

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


■注意事項■ このブログは5人の相場に対する見解を解説しているものです。 決して投資を促すものではありませんので、 投資をなさる場合はそれに関わるリスクを十分に考慮の上、 自己判断、自己責任で行うようにお願いします。
[ 2016/08/17 17:28 ] テクニカル | TB(-) | CM(-)